Veeva Vault SiteDocs

薬事文書と臨床試験情報をシームレスに管理

Vault SiteDocsは、医療機関の評価、臨床試験の立ち上げ、試験実施医療機関のファイル管理で生じる、文書と試験のプロセスを合理化することで、臨床試験における管理上の負荷を低減します。

試験文書、関連情報、プロセスを単一のシステムで管理する独自の機能により、試験実施医療機関では可視性が劇的に向上し、コンプライアンスを改善し、臨床試験を加速させることができるようになります。

メリット
  • 管理上の負荷を低減:より強力なコントロールとオーバーサイトで、薬事文書と臨床試験プロセス管理の効率を向上。
  • 試験の立ち上げを迅速化:文書管理を合理化して、試験の立ち上げと患者登録を迅速化。
  • 可視性の向上:薬事文書の品質、完全性、正確性を継続的に可視化し、コンプライアンスの改善と査察への準備体制を実現。
詳細はこちら デモはこちら
「Veeva Vault SiteDocsは、薬事文書の状態を優れた可視性で表示してくれます。また、臨床試験コミュニティにおいて、コンプライアンスを遵守した高品質な試験を実施するのを容易にしてくれます。」
Dr. Jeff Kingsley | founder and CEO, IACT Health
詳細はこちら

特長

21 CFR part 11準拠の薬事バインダー
完全な監査証跡を得る機能、電子署名、セキュリティ、データ完全性を用いて、薬事文書および試験実施医療機関のファイルを21 CFR part 11(米国連邦規則21条第11章)の要件に準拠しながら、コントロールします。
一元化された適格性情報ライブラリー
組織の適格性情報をいつでも利用できるようにしておくことで、試験の実施可能性に関する質問に答える際に、一貫性を高めることができます。
スタッフと組織のプロフィール
研究スタッフと医療機関のプロフィール情報は、ユーザー組織の薬事バインダーに自動的に保存され、あらゆる試験で再利用可能となります。
期待される文書リストの追跡
実施可能性、試験前の審査、臨床試験立ち上げ、試験計画、試験の実施業務のための自動化された文書追跡機能により、間違いの起こりやすい手作業をなくします。
インタラクティブなダッシュボードとレポート
セルフサービスのレポート機能とダッシュボードにより、ユーザーは試験に関連する文書とプロセスの状態を見ることができます。これにより、容易にボトルネックを特定し、迅速な対応をとることが可能になります。
リアルタイムでの共同編集作業
Veeva VaultとMicrosoft Office Onlineがシームレスに統合されているため、コンプライアンスに遵守しながら、リアルタイムで共同編集することができます。
デモはこちら >
RESTベースのオープンなAPI
関連する研究システムでデータを二重入力することを削減し、医療側と臨床研究側の業務環境の集約を支援します。
詳細はこちら >
出先での文書スキャン
Veeva Snapを使えば、ユーザーはiPhoneあるいはiPadから文書を即座にスキャンして、Vaultに直接取り込むことができます。1度ボタンを押すだけで、文書は暗号化され、保護され、自動的にVaultにアップロードされます。
詳細デモはこちら >

デモ&ビデオ

臨床試験実施医療機関の業務を加速