プレスリリース


Veeva Commercial & Medical Summit, EuropeでBayer社とShionogi Europe社が基調講演

2019年12月3日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva) は、Shionogi Europe社のデジタルイノベーション&インサイト担当ヴァイスプレジデントであるDan Atkins氏と、Bayer社の統合マルチチャネルマーケティング担当ヴァイスプレジデント兼責任者であるGerhard Arnhofer氏が、2019 Veeva Commercial & Medical Summit, Europeに基調講演者として登壇することを発表しました。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

Atkins氏とArnhofer氏はいずれも、さまざまな業種や治療領域でのデジタル経験について約20年間のご経験をお持ちです。両氏は12月3日のパネルディスカッションに参加し、専門医療やシームレスなカスタマーエンゲージメントの重要性の高まりに対応するために、市場開拓戦略の革新をどのように進めているか、また、プレシジョン・メディシンが今日のコマーシャルモデルにもたらす変革についても将来の展望を示していただきます。

Veeva Commercial & Medical Summit, Europeは、1,200人を超えるライフサイエンス業界のプロフェッショナルやエキスパートの皆様のご来場が見込まれており、コマーシャル部門およびメディカル部門向けのイベントとしては、欧州最大規模となる予定です。毎年開催している当イベントは今年で7回目となり、Merck KGaA社、Roche社、Bayer社、LEO Pharma社をはじめとした、世界をリードするグローバルバイオ製薬企業のエキスパートによる20以上のセッションが予定されています。注目のセッションは下記のとおりです。

  • Boehringer Ingelheim社:デジタルトランスフォーメーションとインテリジェントなカスタマーエンゲージメントにおいて、適切な顧客データ基盤がいかに重要であるかを話します。
  • GSK社:サイエンティフィックリーダーとのエンゲージメントを構築してパーソナライズするために、エビデンスとデータに基づくインサイトをどのように活用していくか、講演します。
  • Novartis社:包括的なマルチチャネルエンゲージメント戦略を通じて、コマーシャルの成功を促進するためのベストプラクティスを紹介します。
  • Novo Nordisk社:モジュラーコンテンツ戦略により、複数のチャネルにわたって販促コンテンツの効率化とコンプライアンス強化を図る方法について解説します。

2019 Veeva Commercial & Medical Summit, Europeは、12月3~5日にバルセロナで開催されます。スポンサーはAccenture社、Aktana社、Anthill社、Aqurance社、BASE life science社、Bright Affect社、C3i Solutions社、C-Clear Partners社、Capgemini社、Cognizant社、Deloitte社、Eagle Productivity Solutions社、ec4u社、Huron Consulting社、ICP社、LPW Training社、Maquetting社、Nubérica社、OKRA Technologies社、Pharma Advisors社、ProMeasure社、Proxima Rsearch社、Pulse社、Purple Agency社、PwC社、RMH Media社、Salesforce社、SunTseu社、Sycor社、Trustrack社、Usacd社、Velvet社、Viseven社、Xpediant Digital社です。

2019 Veeva Commercial & Medical Summit, Europeは、Veevaのお客様およびご招待客様向けのイベントです。詳細、ご登録、詳しいアジェンダについては、veeva.com/eu/summitをご覧ください。

 

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業やその他の規制を受ける製造業者向けに、クラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで775社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-K for the period ended July 31, 2019. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.