Peter Gassner

Founder, CEO

Peter Gassnerは、世界で最も成功し、革新的なクラウドソフトウェア企業の1つであるVeevaのリーダーです。クラウドソフトウェアがクラウド革新の次の波に成り得るとの考えで、2007年にVeevaを設立し、業界のクラウドカテゴリーを開拓しました。今日、Veevaは600以上のライフサイエンス企業の新しい医薬品や治療法のより早急な上市を支援します。

30年近くの業界経験を持つPeterは、IBM Silicon Valley Labのメインフレームから、PeopleSoftのクライアントサーバー、Salesforceのクラウド、Veevaの業界クラウドソフトウェアまで、エンタープライズソフトウェアのあらゆる主要な移行の最前線にいました。Veeva Vault、Salesforceプラットフォーム、およびPeopleToolsの業界で最も成功した3つのエンタープライズアプリケーションプラットフォームの功績につながっています。

Peterは、顧客と従業員の成功のための提唱者であり、従業員の権利のための情熱的な業界リーダーであり、不公平なビジネスプラクティスとして非競争契約と戦っています。彼のリーダーシップを通じ、Veevaは、Fortune Future 50Forbes Fast Tech 25Fortune 100 Fastest Growing Companiesなど、世界有数の成長企業の1つとして広く認められています。

現在PeterはVeeva、Guidewire、Zoomの取締役会に就いています。

Peterは、オレゴン州立大学のコンピュータサイエンス学部で理学士号を取得しています。

Matt Wallach

Co-founder, President

Matt Wallachは2007年にVeeva Systemsを共同で創業して以降、同社をグローバルマーケットリーダーとして発展させるべく、製品の独自性に優れた、お客様を成功へと導く企業として認知識されるよう尽力してきました。またVeevaを成長させるべく様々な職務を歴任し、現在戦略、提携、およびビジネス開発に携わっており、多くのお客様のための主要窓口となっています。

彼のキャリアとしては、小規模なヘルスケアテクノロジー企業の執行役員として、製品管理やマーケティング、ビジネス開発において様々な業務を担当していました。さらにそれ以前は、Siebel Systems社(後にオラクル社が買収)で医薬品およびバイオテクノロジー部門のゼネラルマネージャーとして勤務していました。また製薬会社向けに、市場をリードするCRMや臨床治験管理アプリケーションも担当していました。

Mattは業界会議で定期的に講演を行っており、国際的なライフサイエンス関連の発行物で多く取り上げられています。また2007年には、ライフサイエンス業界における最も影響力のある100人の1人として、PharmaVOICE 100に選出され、現在ヘルスケア分析分野のイノベーターとして知られるCrossix社の諮問委員会のメンバーを務めています。MattはハーバードビジネススクールでMBA(経営学修士)の学位を優秀な成績で取得しており、イェール大学でも経済学の学士を優秀な成績で取得しています。

Tim Cabral

Chief Financial Officer

Tim Cabralは、CFOとして財務管理とG&Aの運用のすべての責任を負っており、急速に成長し、高い収益性のクラウドソフトウェア企業のバックボーンとなっています。そして財務管理、G&A(ファイナンス、会計、IR、営業など)のあらゆる業務を担当しています。

Timのテクノロジーに関する財務経験は20年を超えており、Veeva Systemsに入社する以前は、Timはワイヤレスソリューションとサービス企業であるModus Group LLCでCFO及びCOOを、また従業員管理サービスを主たる業務とする新興企業である、 AgisticsではCFO兼共同設立者を務めました。 さらに、PeopleSoft, Inc.における勤務経験も7年を超え、製品 & テクノロジー財務担当副社長や企業FP&A上級取締役など、さまざまな役職に就きました。 財務担当副社長を務めている間、運用コントローラーチームを組織、設置し、その収益を、$25000万を上回るまでに押し上げたビジネスユニットを統括するゼネラルマネージャーと共に、 効率的なビジネスパートナーシップモデルを開発しました。

現在Timは、現金見積りソフトウェアの大手プロバイダーであるApttusの取締役会に就任しています。サンタクララ大学の財務MBAと財務学士を取得しています。

Nitsa Zuppas

Chief Marketing Officer

Nitsa Zuppasは、Veevaのグローバルマーケティングをリードし、業界で最も革新的なクラウドソフトウェア企業の1つであるVeevaの成長と顧客の成功をサポートします。ブランディング、コミュニケーション、リードジェネレーション、セールスイネーブルメント、製品マーケティングなどを含むVeevaの企業マーケティングプログラムを担当しています。Nitsaは、マーケティングとテクノロジーの分野で20年以上の経験があり、コミュニケーションとCRMソフトウェア分野においても類まれな知識をもっています。

Veeva Systemsに入社する以前は、First Virtual Group社でシニアエグゼクティブを務めており、同社のビジネスにおける多様な製品ラインのマーケティングを担当していました。さらにSiebel Foundation社では、Meth ProjectやSiebel Scholars、Siebel Stem Cell Instituteをはじめとするプログラムの運用を担当していました。彼女のリーダーシップのもと、Siebel Foundation社は世界で3番目に効果的な社会貢献としてBarron誌から評価されたほか、米政府からも表彰を受けています。

NitsaはSiebel Systems社に8年間勤務し、企業マーケティングや製品マーケティングを率いる様々な統括的職務においてリーダーシップを発揮した後、First Virtual Group社に入社しました。Nitsaはカリフォルニア州立大学にて学士を取得しています。

Alan Mateo

Executive Vice President, Global Sales

Alan Mateoは、業務ソフトウェア分野において30年以上の経験があり、現在Veevaでは、グローバルセールス担当のエグゼクティブヴァイスプレジテントを務めています。

Alanのキャリアは、高パフォーマンスを誇る営業チームの指揮、世界トップ企業との戦略的関係の構築という点において際立っています。過去10年間は、メディデータ・ソリューションズ社で世界にまたがるオペレーションリーダーとして、ライフサイエンス業界における臨床向けクラウドソリューションの販売に従事してきました。また、PeopleSoft社、JD Edwards社、およびRed Pepper Software社などの世界的ソフトウェア企業で様々な営業職を務めてきました。PeopleSoft社では、製品営業組織のリーダーとして、同社を複数の製品ラインを持つ10億ドル規模の企業へと押し上げるのに貢献しました。さらに、JD Edwards社とPeopleSoft社の営業組織統合を成功に導き、連結収益が25億ドル以上の組織へと発展させました。

Frederic Lequient

Senior Vice President, Global Customer Services

Frederic LequientはVeevaのグローバルカスタマーサービス担当シニア・ヴァイスプレジデントとして、製品サポートやプロフェッショナルサービスをはじめ、世界中の顧客をサポートする責任者です。

Fredericはエンタープライズソフトウェアの分野で20年以上の経験を持ち、1999年以降は主にクラウドベースの企業に携わってきました。人材管理ソリューションを手掛ける大手SaaSプロバイダー、Taleo Corporationに13年在職し、サービス部門やセールス部門のトップを歴任。その間に同社の売上はゼロから約3億2,500万ドルに伸び、最終的にはOracleに約21億ドルで買収されました。

Taleo Corporationに続いて、Oracle、 FollowAnalytics、Pubmaticでも幹部職を歴任。Baan ERPではエンタープライズソフトウェアのキャリアもスタートさせました。 モントリオール理工科大学で生産工学の学士号を取得しています。

Vivian Welsh

Chief People Officer

VivianはVeevaで働く世界中の従業員の成功を導き、従業員の継続的な成長における人々のプロセスや文化の拡大を確実に推し進める責任者です。 Vivianは有能な人材を開拓、確保し、維持するためにVeevaの様々な取り組みをリードしています。 Vivianは、これまでエンジニアリング、サービス、販売の各分野にまたがるVeevaの新しい大学院卒業プログラムを先導してきました。彼女は経験豊富な人材のために「Veevaの才能誘致モデル」を構築しました。 現在Vivianは主にVeevaに優秀な人材を導く活動をしており、一方で新入社員はVeevaで素晴らしい経験とキャリアを持っているという強い情熱を持っています。

VivianはPeopleSoftでのキャリアを開始してから20年近く、ソフトウェア業界に携わってきました。彼女は強靭な機能と技術的な製品のソフトウェア実装とプロジェクト管理のバックグラウンドを持っています。彼女は様々な指導的役割を果たしており、小規模から大規模の有能なチームの構築と管理を経験しています。

Vivianは、Florida International Universityの経営情報システムの経営学士号を取得しています。

Catherine Allshouse

Global Chief Information Officer & Head of Operations

Catherineは、Veevaの最高情報責任者および事業責任者を務め、米国オハイオ州コロンバスにあるVeevaの第2の米国企業拠点であるサイトリーダーとしても働いています。 Catherineは、戦略から製品化まで、商用および産業用ソフトウェア事業にまたがる幅広い経験を持つ、業界をリードするテクノロジーエグゼクティブです。彼女は商業部門と非営利部門の両方の大企業から中小企業まで技術業務とビジネス業務の両方をリードしてきました。

以前は、米国で中等教育改革に焦点を当てた国家基盤であるKnowledgeWorksでCIOとCOOの両方を務めていました。 CatherineのITチームは、SaaSの大規模なLMSと各国の教育やコミュニティデータの分析を可能にするテクノロジーを開発しサポートしました。また、Catherineは、財団の戦略、取締役会、人事部、法務部門を率いていました。それ以前は、Kroger Companyのソフトウェアエンジニアリング部門を担当していました。

Krogerの前は、米国のメディア企業にインターネット検索、ショッピング、広告ソリューションを提供するSaaSビジネスの社長兼CTOを務めました。また、The Standard Register Companyのソフトウェア部門の副社長を務め、PeopleSoft、Inc.で12年間さまざまな役職に就いていました。

Josh Faddis

SVP & General Counsel

Josh Faddis はヴァイスプレジデント兼ゼネラル・カウンシルとして、商事契約、知的財産 (IP) 管理、統治(ガバナンス)関連事項、法令遵守(コンプライアンス)関連事項を含む Veeva の法務機能を全面的に管理・監督しています。ジョシュは法的ニーズを管理する17年間を含む法律分野で20年以上にわたり経験を積んできました。

Josh がシニア・ヴァイスプレジデント、ゼネラル・カウンシル、総務担当重役として Taleo に在籍し、法務機能を全面的に監督していた時期に、Taleo の収益は約 1200 万ドルから約 3 億 2500 万ドルに増加しました。Josh は Taleo の SaaS 型ビジネスモデルの開発、2005 年の新規株式公開の完了、9 件の買収の完了、約 21 億ドルでの自社売却に尽力しました。

Josh は Taleo 入社前に、Fulbright & Jaworski で知的財産およびビジネス関連の訴訟を担当しました。テキサス州最高裁判所のクレイグ・イーノック判事の法務書記を務めたこともあります。

ジョシュはジョージタウン大学ローセンター(ワシントン DC)で法務博士 (J.D.) を、テキサス A&M 大学(テキサス州カレッジステーション)で学士号を取得しました。

Frank Defesche

SENIOR VICE PRESIDENT AND GENERAL MANAGER, CONSUMER GOODS & CHEMICAL

Frank Defescheはクラウド分野の先駆者であり、1999年よりクラウドベースの企業アプリケーションやプラットフォームに関わる戦略指導や顧客サービスに携わってきました。これまでに数百件のクラウド導入を手がけた実績があり、クラウド技術で高い評価を受けてきました。

2008年にVeevaに加わり、これまでVeevaのプロフェッショナルサービスを構築してきました。その以前はSalesforceで8年に渡り、主要コンサルタントの一人として、様々な製品マネジメントに関与し、営業部門のポストを歴任しました。 salesforce.comに入社する前は、DellとTrilogy Softwareで働いていました。

Frankはテキサス大学オースティン校で経済学の学士号を取得しています。

Chris Moore

President, Veeva Europe

Veeva Europeの社長として、クリスはヨーロッパにおけるビジネスの成長を担っています。

27年のライフサイエンス業界での経験を持つChrisは、ICI Pharmaceuticals(現AstraZeneca)でキャリアを開始しました。 Chrisはその後、Kinesisという新興企業に加わり、製薬企業向けの文書管理ソリューションを提供するチームを築きました。 一連の合併買収を通じて、後にKinesisは最終的にPwCになっています。クリスは2001年にPwCのパートナーを務め、IBMグローバルライフサイエンスのコンサルティングであるビジネスアナリティクスと最適化部門を率いて、ヨーロッパと米国(西海岸)のライフサイエンスビジネスをIBMに任せていました。 直近では、EYのヨーロッパ、中東、アフリカのライフサイエンスのリードパートナーでした。

ChrisはSalford大学の情報技術学士を取得しています。

Doug Etzel

PRESIDENT, VEEVA ASIA

Doug Etzel はアジアのプレジデントとしてアジア地域の Veeva の事業全般について責任を負っています。ダグは 25 年を情報技術 (IT) 業界で過ごしてきました。そのうち、アジアに住み、働いた期間は 17 年に及びます。

Doug は Veeva Systems に入社する以前には Netezza に 7 年間勤務し、アジア事業を立ち上げて 150 社超の顧客を抱える規模にまで育てました。Doug は最先端の世界的な IT ソリューションの理解・活用に関するアジア地域の顧客の支援を得意としています。

Doug は Netezza に勤務する前に、Siebel Systems や NCR、小規模の新興企業数社に勤務しました。カリフォルニア大学バークレー校のハース・ビジネス・スクールで経営学修士 (MBA) を、オレゴン州立大学で電気工学の理学士を取得しました。

Cindy Zhang

General Manager, China

Cindy Zhangは、中国のゼネラルマネージャーとして、中国におけるVeevaの経営を一任されています。企業向けソフトウェア業界で13年を超える経験を持ちます。

Veeva入社以前、Cindyは、Oracleに12年間勤め、製品開発と製品管理でさまざまなマネジメント職を経験しました。 企業向けソフトウェア製品を展開し、グローバル製品戦略を策定、世界中の顧客とパートナーのためにソリューションの導入に携わったほか、 中国本土でのマーケティングとセールスを支援しました。

Cindyは、中国の北京大学を卒業し、コンピュータ科学で理学士を取得しています。また南メソジスト大学からコンピュータ科学の理学修士、 カリフォルニア大学バークレー校ハーススクールオブビジネスでMBAを取得しました。

Takashi Okamura

General Manager, Japan

日本のゼネラルマネージャーである、岡村崇は、セールス、マーケティング、プロフェッショナルサービス、顧客サポートなど日本におけるVeevaの経営すべての責任を負います。 日本およびグローバルIT業界での幅広い勤務経験は18年を超え、その半分以上が多彩な業界にまたがるCRM分野となっています。

最近では、SAPジャパンで中小企業を対象とする副社長を務め、ここで自分のチームを率いて毎年倍々の成長を記録しました。 2007年以来、SAPジャパンのCRM事業の主任でもありました。

SAPジャパン入社以前、Takは、MicroStrategy Japanのカントリーマネージャー、CRMプロジェクトで大手医薬品企業を補佐したSiebel Japanでの販売部長など、 さまざまなマネジメント業務を担当しました。

また、90年代初めにデータウェアハウス/CRMのエキスパートとして、NCRジャパン(現テラデータ)でキャリアをスタートしました。 この間に、英国ロンドンのNCR Financial Group本社でもっとも若い国際的受託者として2年間を過ごしました。

Alex Paris

General Manager, Asia Pacific

Alex Parisはアジア太平洋地域担当ゼネラルマネージャーとして、同地域において営業、マーケティング、専門サービスを含むVeevaの全オペレーションを担当しています。Alexは業務ソフトウェア業界に18年間勤務した経験があり、そのうち10年間は上級幹部の職位にありました。

Veeva Systemsに入社する以前は、IBMのソフトウェアグループで、ビッグデータおよびマスターデータ管理成長市場のユニットリーダーを務めていました。Alexはマスターデータ管理のトップソリューションプロバイダーであるInitiate Systems社がIBM社に買収されたことに伴い、IBM社に入社しました。Initiate Systems社では、アジア太平洋地域担当のヴァイスプレジデントとして勤務し、同地域におけるビジネスを構築して、5年で年間売上高をゼロから1500万ドルにまで成長させました。

Initiate Systems社に入社する以前は、コンテンツ管理のパイオニアであるVignette社で様々な管理職を務めていました。Alexパリスは英ウェールズのスウォンジー大学で、政治学と哲学の学士号(共同学位)を取得しています。

Adriano Vieira

General Manager, Latin America

ラテンアメリカにおけるVeevaのジェネラルマネージャーであるAdriano Vieiraは、販売、マーケティング、カスタマーサクセス、専門サービスなどあらゆる業務を担当しています。CRM、顧客マスターデータ、マーケティングサービスの分野でライフサイエンス企業のプロバイダーおよびパートナーとして21年以上にわたる経験を持っています。

2013年にVeevaに入社する前は、DendriteおよびCegedimで複数の職務に就き、11年間メキシコとブラジルで経営に携わり、ラテンアメリカにおけるビジネスを立ち上げ成長させました。ブラジルからスタートし、メキシコでの事業の運営改善および2社の合併により、複数の製品を発売し、従業員は130名にまで増えました。

Dendriteの前は、企業向けソフトウェアや半導体製造の企業で技術職および管理職に就いていました。

Adriano Vieiraは、ブラジルのミナス・ジェライス・カトリック大学(Catholic Pontifical University of Minas Gerais)の電気工学を卒業し、ブラジルのカンピーナス大学でマイクロエレクトロニクスの修士号を取得しています。

Jacques Mourrain, PhD

Senior Director, Quality and Compliance

Jacques Mourrain はおよそ 20 年前にバイオ医薬品業界に入り、医薬品凍結乾燥のための制御システム用アプリケーションを開発しました。バリデーション(妥当性確認)のコンサルタントとして短期間活動したあと、ジャックはバリデーション担当のディレクターとして Fluor Daniel に入社、クリーン機器、プロセス用機器、プロセス・オートメーション、企業情報システムの適格性を含めたバイオ医薬品施設のバリデーションの分野で数多くのプロジェクトを担当しました。

Jacques は 2000 年問題の直後に Genentech に入社し、メディカル・アフェアーズ部門のソフトウエア品質保証グループのトップに就任しました。2002 年には Genentech で規制領域 (GxP) の IT コンプライアンスに責任を負うグループとして GxP コンピュータシステム・コンプライアンス機能を創設しました。ジャックはこのグループで、21CFR パート 11 に準拠した修復や Oliver Wight のクラス A チェックリストに基づくプロセス最適化など複数のイニシアティブのリーダーを務めました。

Jacques はソフト開発のベストプラクティスやバリデーションの原則、米食品医薬品局 (FDA)/欧州医薬品庁 (EMA) の規制環境下で使用される品質システムについて精通しています。ジャックはコンピュータシステムのコンプライアンス、バリデーション、監査の分野のオピニオンリーダーとして知られています。医薬品情報協会 (DIA)、国際製薬技術協会 (ISPE)、無菌製剤協会 (PDA) の会議などさまざまな機会に発表を行うほか、コンプライアンス監査、変更管理、品質コスト、コンピュータシステムのバリデーションといった幅広いテーマについての著作物を出版しています。