Veeva 2020 Unified Clinical
Operations Survey Report

臨床試験パフォーマンスの改善に関する業界の見通し

Veeva 2020 Unified Clinical Operations Survey Report
レポートはこちら

Veeva Vault eTMF

Vault eTMFは、TMFの作成時にリアルタイムに文書を管理することで査察準備体制を常に維持し、可視性とオーバーサイトの向上、コラボレーションの改善を実現する唯一のソフトウェアです。

メリット

常に査察準備体制を維持

同じeTMFシステム内のすべてのTMF文書およびプロセスを管理することにより、査察準備体制を常に維持します。

コラボレーションをスリム化

TMFの完全性を臨床試験チームがリアルタイムに把握できるようにすることで、治験依頼者、CRO、および試験実施医療機関間の協力が容易になり、臨床試験の迅速化につながります。

クリニカルオペレーションの統合

クリニカルアプリケーションを単一のクラウドプラットフォームに統合した最も包括的なスイートを利用することにより、試験実施を迅速化します。

特長

対話型のダッシュボードとレポート

インサイトをもとに、すばやく行動を起こせます。必要な作業、完了した作業、不足している点がTMFでいつでも確認出来ます。システム内で収集されたデータに関するレポートを容易に作成できます。

eTMFホームページ

適時性、品質、完全性など、TMFの健全性に関する重要な指標を表示し、評価できます。

品質管理と課題管理

直感的な文書レビューレイアウトと標準搭載の品質管理ワークフローにより、eTMFの正確性を継続的に改善します。

直感的な検索とフィルタリング

ダイナミックフィルターは、重要な試験情報の素早い検索とレビューに役立ちます。消費者向けWebアプリケーションをモデルにしており、文書の内容とメタデータを同時に検索・レビューできます。

リアルタイムでの共同編集作業

Veeva VaultとMicrosoft Office Onlineがシームレスに統合されているため、コンプライアンスを遵守しながらリアルタイムで共同編集、レビュー、および承認を行えます。

TMFリファレンスモデルをフルサポート

Vault eTMFは、中核文書と推奨文書の双方を対象とした現在および過去のTMFリファレンスモデルの文書、所有権、関係性、および階層構造に対応できるようにあらかじめ構成されています。

TMF転送

臨床試験チームはTMF文書を迅速かつ正確に転送できるため、試験終了時の手動による移行作業が不要です。1回クリックするだけで、試験が完了した実施国、実施医療機関、関連するTMF文書、監査証跡情報が治験依頼者とCROのVaultsの間でシームレスに転送されます。

Veeva Vault Site Connectにより治験依頼者と試験実施医療機関のオペレーションをシームレスに接続

臨床試験パートナー、プロセス、システム間の情報共有を自動化することでコラボレーションを強化し、臨床試験を迅速化します。

製品情報

Product Brief 製品カタログをご覧ください
White Paper 技術情報をご覧ください
Video 戦略、ビジョンなどをご紹介します
Video 戦略、ビジョンなどをご紹介します