Veeva Vault EDC

臨床試験オペレーションに関するソリューションをお探しですか? こちらをクリック

Vault EDCは柔軟性に優れたデザインのため、最も複雑なマルチアームのアダプティブデザインの臨床試験の途中でデザイン変更をしても、ダウンタイムや移行作業は発生しません。Veevaは、希望の試験を柔軟に実施することができるEDCを提供します。

メリット
  • 臨床試験のサイクルタイムを短縮:数週間といわず数日で臨床試験を導入可能
  • 希望の試験を柔軟に実施:柔軟性に優れたデザインのため、最も複雑なマルチアームのアダプティブデザインの臨床試験の途中でデザイン変更をしても、ダウンタイムや移行作業は発生せず設計修正が可能
  • データクレンジングの迅速化:データベースロックまでの時間が短縮され、柔軟かつ自由な形式でデータの確認が可能
  • 臨床試験業務を統合:Vault CTMSVault eTMFVault Study Startupを含む、Veevaの統合された臨床試験業務用アプリケーションイート

SDV(ソースデータの検証)とレビューを効率化

eCRFでリアルタイムにロジカルチェック

試験の階層構造全体を網羅するシンプルなナビゲーション

特長

アジャイルなデザインスタジオ
Vault EDCは、レビュー・承認ワークフローを標準搭載した、設定変更が可能な共同作業の環境を提供します。ユーザーは、容易なドラッグ&ドロップ機能によりケースブックを構築することができます。
最新のユーザーエクスペリエンス
先進的なユーザーエクスペリエンスにより、使いやすさ、利用度、パフォーマンスが大幅に向上します。フォームにデータを入力する間に、リアルタイムで編集チェックが実施され、精度、入力のパフォーマンス、そしてユーザーの満足度が高まります。クイックジャンプナビゲーションは、被験者のケースブック、イベント、およびフォームの検索に費やす時間を短縮するのに役立ちます。
クイックビュー
パーソナライズされたユーザーインターフェースは、ユーザーのタスクを即座に提示し、情報の検索に費やす時間を最小限に抑えます。 役割ベースのユーザーインターフェースは、データの入力とデータのクレンジングおよびレビューに対して、データの順序と構造を異なる方法で最適化して、各アクティビティに理想的なビューを提供します。
再帰的なケースブックの改訂
Vaultは、臨床試験におけるEDC設計変更がスムーズに行えます。 新しい要件が追加されると、記入済みのフォームはすべて未完了のステータスに戻りサイト担当者が入力する新しいフィールドにはフラグが立てられます。ケースブック修正へのアプローチの詳細はこちらをご覧ください。
エンドポイント主導型の試験デザイン
エンドポイント主導型の試験デザインは、優先順位に基づき、試験データの収集、検証、クレンジング、およびフォーマット作成を最適化します。施設モニタリングとデータマネジメントは、共有されたデータモデルにより改善され、リスクベースのアプローチによる試験の実施を可能にします。
クラス最高のプラットフォーム
拡張可能なプラットフォームにより、どの段階でも柔軟に試験デザインを変更することができ、その際も移行作業によるダウンタイムは発生しません。
CTMSへのシームレスな接続
Vault EDCのオペレーションデータVault CTMS内で容易に活用し、報告することができます。CTMSユーザーは、被験者のステータスやVault EDCで収集された日付を報告したり、Vault EDC内で被験者のケースブックを検索したりできるようになります。

デモ&ビデオ

Previous Next