Veeva Vault Submissions

社内外のチームを取りまとめ、申請書類の作成から整備までスムーズに管理

申請用コンテンツを信頼出来るソースに集約すれば、グローバル化が進むプロセスへの対応がぐっと楽になります。Vault Submissionを導入すれば、申請文書構造の生成から、必要書類の計画・作成・収集まで、あらゆるプロセスを安全なクラウド環境でハンドリング出来ます。

メリット
  • 常に状況を把握: 実用的なレポートやダッシュボードをもとに文書の進捗状況をトラッキングし、申請期限に関するリスクを低減します。
  • 上市を世界規模で迅速化: 手作業を削減して、申請準備をスピードアップし、SOPコンプライアンスを強化します。
  • グローバルな連携: 関係者が地元当局に提出する文書の配布・トラッキング管理を強化できます。
  • 規制への対応の統合: 統合されたVault RIM Suiteにより、申請文書の作成をエンドツーエンドで合理化し、可視性と効率性を高めます。
デモはこちら

標準装備のeCTDやEDMモデルを利用して、スピーディーに展開

対話型のダッシュボードでボトルネックを特定・改善

ドキュメントビューアーのハイパーリンクを利用した便利なナビゲーション

特長

拡張性に優れたコンテンツモデル
DIA EDMリファレンスモデルをはじめとするコンテンツモデルの業界ベストプラクティスに対応しており、こうしたモデルを拡張することも出来ます。
現地のニーズに対応したマスターコンテンツ
ユーザーは計画プロセスの一環として申請書類の構造を生成することが出来ます。計画したコンテンツを追加し、文書をグローバルに再利用し、コンテンツの進捗状況をリアルタイムにレポートすることも出来ます。
ライフサイクルをしっかり管理
各種ワークフローやライフサイクルで手作業を自動化します。進行中のワークフローも簡単に変更出来ます。
グローバルなアクセス&コラボレーション
社外ユーザーを企業ファイアーウォールの内側に入れたり、専用のノートパソコンを手配したり、ネットワークIDを発行したりする必要はありません。許可されたユーザーはウェブを通じて、安全なクラウド環境にログインします。
申請に備えたレンダリング
グローバルな承認申請の規定に準じた方法で、コンテンツを自動的にレンダリングします。
詳細はこちら
対話型のダッシュボード
対話型のダッシュボードをドリルダウンすれば、遅延理由が絞り込めます。レポートをもとに対策を講じれば、すみやかに停滞を解消し、申請スケジュールを守ることが出来ます。
申請管理
申請書類および関連活動の状況を計画し、追跡まで管理します。
当局対応・コミットメント、製品の承認情報管理
申請業務のコミットメント記録の作成と関連付け、および未解決の成果物に対する進捗状況の報告が可能です。事例をこちらからご覧下さい。
インライン編集とデータ入力
Excelのように簡単にVaultに情報を入力してください。 ドロップダウンリストから選択し、カレンダーの日付を選択し、キーボードショートカットを使用して、Excelの場合と同様に情報をすばやく入力して更新します。
モバイルでドキュメントスキャン
Veeva Snapを使用すると、ユーザーはiPhoneやiPadからドキュメントをVaultに簡単にスキャンできます。ボタンのスナップで、ドキュメントは暗号化され、保護した状態でVaultに自動的にアップロードされます。詳細デモはこちら

デモ&ビデオ

Previous Next