治験依頼者と試験実施医療機関の
業務をシームレスに接続

情報共有の自動化で、コラボレーションを強化し、
臨床試験を迅速化します

プレスリリースは
こちら

Veeva Vault Site Connect

Vault Site Connectは、治験依頼者およびCROが使用するアプリケーションVault Clinicalと、試験実施医療機関が使用するeISF対応アプリケーションVeeva SiteVault間の臨床試験情報の流れを自動化します。

Vault Site Connectを使用することで、臨床試験パートナーは試験プロセス全体の情報共有をエンドツーエンドにスリム化し、コラボレーションを強化して試験を迅速化ができます。

メリット

臨床試験を迅速化

臨床試験パートナー、プロセス、およびシステム間の情報の流れをシームレスに自動化して臨床試験を迅速化します。

試験実施医療機関のエンゲージメントを強化

試験実施医療機関は、管理業務に必要な時間を短縮して被験者の診療に集中できるようになり、コラボレーションの改善と効率化につながります。

臨床試験の質を向上

手作業によるプロセスを排除し、臨床試験オペレーション全体にわたって情報をリアルタイムに可視化し、臨床試験の質を高めると共に査察準備体制を強化します。

特長

eTMFとeISFの接続性

Vault ClinicalSiteVault間で臨床試験文書を自動的に共有し、治験依頼者のTMFと試験実施医療機関のeISF(electronic Investigator Site File)の照合作業に付随する手作業を削減します。

試験実施医療機関の文書配布パッケージ

臨床試験開始時の試験実施医療機関の文書パッケージ管理と配布を容易にし、臨床試験立ち上げを迅速化します。

安全性情報の配布

試験実施医療機関への重要な安全性情報の配布および追跡を保証し、治験責任医師が常に最新情報を把握できるようにします。

試験終了時のメディア

eTMFやeISFへの自動ファイリングをはじめ、完成したCRF出力のEDCから臨床試験実施機関へのインポート・配布・追跡が可能です。

支払案内状と試験実施医療機関の支払請求

SiteVaultを使用して試験実施医療機関に支払案内状を送信すると、試験実施医療機関からの支払請求をVault Clinical内で直接受け取ることができます。

SiteVault Freeで試験実施医療機関をフルサポート

試験実施医療機関向けeISF対応アプリケーション「SiteVault Free」により、治験依頼者のVaultで外部医療機関のアカウントを管理する必要がなくなります。トレーニングおよびサポートはVeevaから提供されるため、試験実施医療機関とより価値の高い業務に集中することができます。

製品情報

White Paper 技術情報をご覧ください
Video 戦略、ビジョンなどをご紹介します
Product Brief 製品カタログをご覧ください
Video 戦略、ビジョンなどをご紹介します