Veeva Vault Payments

Veeva Vault Paymentsは、臨床試験実施機関への支払いを迅速化し、すべての臨床試験パートナーへの支払い情報を完全に可視化します。Vault CTMSとのシームレスな統合により、治験依頼者とCROは既存の臨床試験マネジメントワークフローの中で支払プロセスを効率化し、優れた可視性と正確性により試験実施医療機関への支払いを期日通りに行えるようになります。

メリット
  • 迅速性:支払いの追跡を自動化してプロセスを簡素化・効率化します。
  • 可視性:リアルタイムレポートやダッシュボードにより、支払予定や支払待ちを完全に可視化して支払実行およびキャッシュフローを最適化します。
  • 正確性:臨床試験に係る業務と試験実施医療機関の料金体系を自動的に照合して正確性を向上させます。
View Demo
payments-Main-screenshot

特長

変更が可能な費用体系テンプレート
臨床試験または国別に費用体系テンプレートを作成し、実施機関レベルで設定を変更できるため、柔軟性に優れています。業務の変更に対応する複雑な臨床試験設計もサポートし、費用、償還率、実施機関当たりの償還限度額の設定、複数の支払先への分割、臨機応変なテンプレート調整が可能です。
支払勘定を生成
ユーザーが定義したルールをトリガーとして、被験者の来院が完了した後、実施機関との契約に基づいて自動的に支払勘定を生成することが可能です。
支払請求を作成
臨床試験、国、または実施機関レベルで複数の通貨による支払請求を一括作成し、世界中に広がる試験実施機関への支払いをスリム化します。支払請求は、Vault内で直接レビュー・承認に回されると共に、実施機関への支払案内状が自動作成されます。承認され次第、支払請求を送信して実行を求めることが可能です。
リアルタイムレポートとダッシュボード
リアルタイムレポートとダッシュボードにより支払データの整理、分析、共有ができるほか、Vaultのセキュリティプロファイルと権限により治験依頼者、試験実施機関、およびCROに適切なアクセス権を付与することができます。
Vault CTMSとの統合
支払いの識別、追跡、および報告に必要なデータはすべてVault CTMSで管理され、Vault Paymentsと統合されます。そのため、臨床試験チームメンバーはVault CTMSから離れることなく支払データを表示できます。また、被験者の来院情報をVault CTMSに入力するとVault Paymentsで支払勘定が発生するため、支払管理が簡素化されます。

デモ&ビデオ