Veeva Vault Coder

Veeva Vault Coderは直感的なインターフェースと革新的なコーディングツールを提供しており、あらゆる臨床試験で迅速かつ正確なコーディングが可能です。

MedDRAまたはWHODrug辞書に基づいて、非常に可変性の高いフリーテキストエントリまたは逐語的用語を標準コードにマッピングします。 Vault Coderは、治験薬、有害事象、過去の手術、病歴などに関するデータの臨床用語のコーディングをサポートしています。

メリット
  • 手作業によるコーディングが最小限に:革新的な機能で、一括で複数の要求をコーディングし、要求をグループ化またはバッチ化します。
  • すばやく正確に作業:クリックを最小限に抑える直感的なUIにより、コーディング担当者は用語を迅速に表示可能です。
  • クエリの解決をスピードアップ:eCRFを使用した統合クエリにより、サイトとの通信および解決がスピードアップします。

特長

自動コーディングと提案
Vault Coderは、カスタマイズ可能な同義語リストに完全に一致する用語を自動的にコーディングします。 よく一致するものが提案として提供され、関連性によってランク付けされます。
識別用語のグループ
ワンクリックで同じ用語のグループをコーディングします。 アプリケーションは、コーディングのために用語をインテリジェントにグループ化するので、ユーザーは単一のキーストロークで適切なコードを用語のグループに適用できます。
等価条件のバッチ
ユーザーは逐語検索を実行して、AcetaminophenやParacetamolなどの固有の用語のバリエーションを識別できます。 関連する結果はまとめてまとめられ、単一のキーストロークでコーディングされます。
カスタマイズ可能な同義語リスト
同義語リストはカスタマイズ可能で、フォームレベルまたは研究間で管理できます。 手動コーディングは、同義語リストを作成するのに役立ち、将来の自動コーディングのヒット率を高めます。
ポップアウトコーディングパネル
コーディングワークストリームの管理を容易にするために、Vault Coderはモジュール式の分割画面インターフェースを使用して設計されています。 ユーザーはコーディングパネルをポップアウトするだけで、2番目のモニターに候補や辞書サブタブを表示できます。
標準辞書サポート
業界標準の世界保健機関の医薬品辞典(WHODrug B3およびC3)および規制問題の医学辞典(MedDRA 20.0以降)がサポートされています。 フォームと同義語リストを現在のライセンスバージョンにアップグレードすることができます。
EDCとの統一
コードリクエストはフォーム送信時に自動的に生成され、コード値はVault EDC内に直接保存されます。 EDCでのフォームの変更がコード化されたプロパティに影響を与えると、Vault Coderは変更管理ワークフローのあらゆる側面を自動的に管理し、すべてのユーザーにわたって手作業を減らします。
その他の疑問
Vault Coder内から直接サイトとメッセージを送受信します。 各コーディングクエリに関する完全なディスカッションスレッドを参照してください。