Vault QMSで
品質管理を最新化

バリデーションの加速化とベストプラクティスの組み込みにより、
品質プロセスのコントロールと可視性が向上します


Veeva R&D and Quality Summit Connect Japanを2021年12月24日までオンデマンド配信中!
詳細はこちら

Veeva Vault QMS

Vault QMSは、品質とGxPコンプライアンスの確保を可能にします。標準搭載のベストプラクティスと自動ワークフローにより、製薬/バイオ製薬企業、受託製造業者、サプライヤーなどのあらゆる関係者を品質プロセスに関与させることで、コントロールと可視性を高めます。

メリット

エンドツーエンド管理による世界規模の整合性

(部署・部門、サプライヤー、医薬品製造受託機関、試験受託機関など)全関係者を容易に組み込み、連続した品質管理プロセスを速やかに調整します。

価値創出までの時間を短縮

ベストプラクティスを内蔵したアプリケーションはそのまま使えて拡張性があり、自動ワークフローによって業務効率が高まります。

リスクベースのリアルタイム意思決定を実現

リスクマネジメントに対する統合アプローチにより、製品およびプロセス全体にわたってリスクの可視性を改善します。

品質マネジメントの統合化

統合化された品質アプリケーションスイートにより、スピード、効率、およびGxPコンプライアンスを改善します。

特長

品質プロセスを実現

逸脱、内部監査、外部監査、苦情、研究施設調査、変更管理、CAPA、品質リスクマネジメントに関するベストプラクティスの標準搭載により、品質マネジメントプロセスを素早く実現します。

設定可能なフォームとワークフロー

ポイント&クリック設定を使って、ワークフローを変更または作成しプロセスを自動化します。

リスクマネジメントの統合化

R&Dから製造までの既存の品質プロセスにリスクマネジメントを容易に導入します。社内全体の優先順位の高いリスクインベントリに対し、リソースを効果的に割り当てます。

正確な監査証跡

詳細な監査証跡でコンプライアンスを実証し、タスクの生成や割当、署名の実行などプロセス内のあらゆる状況を記録します。

ダッシュボードとレポート

逸脱、調査、苦情、監査、CAPA活動などの属性条件を自由に組み合わせ、必要な情報を掲載したレポートを自分で簡単に作成できます。

アプリケーションの統合

Vault APIを活用しビジネスシステムのシームレスなプロセスを可能にします。

サプライヤーのアクセスと可視化

重要な品質プロセスを可視化して、サプライヤーや医薬品製造受託機関に手軽にアクセスを提供します。

製品情報

Product Brief 製品カタログをご覧ください
Article 各種のメディア掲載記事です
Report 業界のスタディ等をご覧ください
Webinar Webinarをご覧ください