プレスリリース


Veeva、製品およびマーケティングにおける販促メッセージをエンドツーエンドで管理する単一のアプリケーションを発表

2019年6月6日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva)は、消費財、化学、化粧品などの業界におけるマーケティングと製品両方の資料をインデックス化した販促メッセージ管理を目的とする、新しいクラウドアプリケーションVeeva Claimsを発表しました。企業はVeeva Claimsという単一の統合化されたアプリケーションにより、販促メッセージの作成から実証、承認、マーケティング資材の利用まで、エンドツーエンドのプロセスを管理することができます。これによって法務や薬事、マーケティング、および研究開発の各チームは、すべてのメッセージと関連資材の最新状態を完全に把握することができ、コンプライアンスを維持しながら、販促メッセージを市場で利用するまでの時間を短縮できるようになりました。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

多くの場合、販促メッセージに関連するプロセスはサイロ化されたシステムや手作業のプロセスによって管理されており、スプレッドシートを使ってメッセージを記録したり、それを電子メールで承認プロセスに回したりといったことが行われています。そのため、承認されたメッセージや実証データの検索、特定のメッセージを利用しているマーケティング資材の確認などが難しくなっています。

Hanover Research社が行った新しい調査Product Claims Management – the Risk and Opportunity Cost of the Status Quo によると、製品販促メッセージ管理は困難でコストのかかるプロセスになり得ます。Hanover Research社のリサーチディレクターであるPatrick Rooney氏は、次のようにコメントしています。「当社の調査によれば、販促メッセージに関わる問題が原因で自社のブランドに深刻な損害が生じた経験を持つ企業は、全体の半数近くに上ります。調査対象となった企業のほぼすべてが、この問題に対処するソリューションを求めています。」

Veeva Claimsは販促メッセージ管理における手動での引き継ぎをなくし、連携を促進します。各チームは国やチャネル、資材の別を問わず、製品とマーケティング両方のあらゆる資料をインデックス化するための販促メッセージの作成、承認、許可された利用の追跡を、共通のクラウドアプリケーションで行えるようになります。

単一のダッシュボードによって、販促メッセージ関連プロセスが完全に可視化され、レビューと承認プロセスの効率化をさらに促進する次のステップが明示されます。詳細な監査証跡により、企業は製品のライフサイクルを通じてメッセージの管理と追跡をより効果的に行うことができます。マーケティング資材の実証と利用の状況をクリック1つで追跡できるため、企業は市場における販促メッセージに関する問題に、即座に対応できます。

Veevaのシニアヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるFrank Defescheは次のようにコメントしています。「Veeva Claimsは販促メッセージに関連したプロセスを根本から変革して機動性を高めるため、企業は新たな機会を捕らえて、市場の変化により迅速に対応できるようになります。企業はついに、あらゆるメッセージの全体像を把握できるようになったのです。明確な監査証跡とトレーサビリティにより、コンプライアンス上のリスクを軽減し、販促メッセージを市場で利用し始めるまでのプロセスを迅速化できます。」

近日公開されるレポートProduct Claims Management – the Risk and Opportunity Cost of the Status Quoでは、製品の販促メッセージ管理の難しさと、その結果生じる法務上および業務上の影響が検証されています。このレポートは6月に公開予定で、https://www.veeva.com/jp/ClaimReport/から入手できます。

 

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業やその他の規制を受ける製造業者向けに、クラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで700社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-K for the period ended April 30, 2019. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.