プレスリリース


Veeva Japan 株式会社、広島オフィスを開設

~ 新しい働き方改革の一環として、広島から日本市場の顧客へサービスを提供

非対面型の顧客サービスを強化します ~

 

2020年11月12日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、 以下 Veeva Japan))は、業務拡張にともない2021年春に広島県広島市の中心部に新オフィスを開設し、現在東京本社にて実施している業務の一部を移転いたします。

Veeva Japanは、2011年に設立以来、日本の製薬企業に医薬品開発支援、および営業販売支援サービスを提供し、現在70社を超える顧客に導入されています。更なる顧客満足度を高めるために、導入後の運用サービスや各種データ業務管理などの拡張、また製品開発業務の強化にむけて、このたび業務を拡張することといたしました。拡張にあたり、東京や大阪圏などの大都市圏にこだわることなく幅広く多彩な人材を求めたいこと、また高いワークライフバランスが確保できるオフィス環境であること、地場に大学など人材採用の基盤があること、などの観点から、開設の地として広島を選択しました。また広島県は現在、非常に積極的に企業誘致プロジェクトを展開しており、Veeva Japanも本プロジェクトへの参加を検討しています。

DX革命が進むなか、データの活用が業務革新の鍵を握っています。広島オフィスでは、非対面型の顧客サービスとして、まずは導入後の支援業務、各種データの入力・管理業務などを中心として、2021年春に10名体制を整える予定です。

■広島オフィス
開設:2021年 春
住所:広島市中心部
業務:①営業販売支援ソフトウェア(コマーシャルクラウド製品)の導入後運用支援サービス
②開発支援ソフトウェア(R&Dクラウド製品)の、治験データ入力支援業務
③販売データ(実消化)各種マスターデータの管理業務の請負サービス
④販売データ(実消化)製品開発業務
体制:10名前後

 

Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで、900社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。
詳しくは、https://veeva.com/jp/をご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions (including the on-going impact of COVID-19), particularly within the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended July 31, 2020. This is available on the company’s website at veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.