プレスリリース


Veeva Clubでは、各製薬企業がガイドラインの遵守と、コンプライアンスの更なる向上を実現するため、取り組みを進めています。

2019年6月27日

Veeva Club(Veeva社製品ユーザ会)

 

『Veeva Club 』は、Veeva Systems社の製品 (Veeva CRM, Veeva Vaultなど)のユーザにより運営されているユーザ会です。本会に参画している各製薬企業会員は、2019年4月から施行された「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン(以降 ガイドライン)」に対応するために参加企業で勉強会を重ね、単なるシステム面での対応のみならず、運用面全般を踏まえて積極的に遵守すべく取り組み、今後もコンプライアンス向上に努力していくことを発表します。
2018年9月厚労省より、「製薬企業等が医療用医薬品の販売情報提供活動において行う広告又は広告に類する行為を適正化することにより、医療用医薬品の適正使用を確保し、もって保健衛生の向上を図ることを目的とする」ガイドラインが発せられ、2019年4月より施行されました。

各製薬企業の現場では、適切な販売情報提供活動を行うにあたり、経営陣による責務を新たにし、関与する社員の教育や自己研鑽の努力のみならず、販売情報提供活動の資材等の適切性の確保、監督の実施、業務記録の作成・管理などをITレベルでいかに担保できるかが、重要な鍵をにぎっており、Veeva Clubでは各企業の壁をこえて昨秋以来勉強会を繰り返し、CRMシステムを中心とする対応、および施行後の運用について議論を続けてきました。ことに販売情報提供活動の適切な記録・モニタリング、未承認薬・適応外薬等に関する情報提供の適正管理等については、業界の模範となるべく対応を模索すべきという方向性が示されました。4月に施行後も、現場の課題を解決しつつ、医療現場での情報提供の改善、そして医療用医薬品の適正使用を確保し、患者さんのQOL向上にむかって、今後もVeeva Clubとして研鑽をつみ、その活動を継続してまいります。

 

【Veeva Clubについて】
Veeva Systems社のライフサイエンス向けクラウドソリューションである、Veeva CRMソリューション、またはコンテンツ管理ソリューション Veeva Vaultを導入されたライフサイエンス企業によって構成されているユーザ会です。2014年に発足後、現在、日本市場における約40社の製薬企業が会員として参加しています。本会、分科会、部活と様々な会議体による会の開催はこれまでに55回を超え、ベストコマーシャルエクセレンスを実現することを目的とし、企業の壁をこえて情報交換、勉強をし、会員相互の利益を図るために運営されています。

【>Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで750社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。

詳しくは、https://veeva.com/jp/をご覧ください。

 

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-K for the period ended January 31, 2019. This is available on the company’s website at veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website atsec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.