プレスリリース


VeevaのTMF Botがプロセスを自動化し、迅速な臨床試験を実現

~ AIを活用したVeeva Vault eTMFの新機能で生産性とコンプライアンスを向上 ~

 

2021年10月27日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva) は、TMFマネジメントをスリム化して速やかな臨床試験を実施する、人工知能 (AI) を活用したVeeva Vault eTMFの新機能、TMF Botを発表しました。TMF Botはお客様の既存データを利用して、ドキュメントを自動的に、迅速にかつ正確に分類します。 (本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

Cerevel Therapeutics社のシニアクリニカルオーバーサイトリーダーのStephen van Arcken氏は、次のようにコメントしています。「弊社ではVeeva Vault eTMFとTMF Botを使い、以前よりも迅速に、そして効率的にドキュメントを処理しています。手作業が減ったことで時間とリソースを削減でき、同時にTMF全体の品質を向上できるようになりました。」

TMF Botによる臨床試験プロセスの自動化は、試験チームの事務的作業の負荷を軽減し、TMF内でのドキュメントのファイリングミスや分類ミスの問題改善に繋がります。これにより価値の高い業務に専念でき、TMFの正確性、タイムライン、完全性を向上できます。

Veeva Vault Clinical Operationsストラテジー担当ヴァイスプレジデントであるJason Methiaは、次のようにコメントしています。「臨床試験環境は複雑さを増しており、企業は試験実施の方法を変革できる、今までにない革新的なソリューションを求めています。TMFでのAIの活用は、臨床試験の実施における事務的作業を削減する効果的で現実的な方法であり、コンプライアンスと効率を向上できます。TMF Botは提供開始以来、6社のお客様において40,000以上のドキュメントを自動的に分類し、数百時間分の処理時間を削減しています。」

Vault eTMFはVeeva Vault Clinical Operations Suiteの一部です。CTMS、eTMF、Study StartupからPaymentsまで、業務を横断して情報とドキュメントを共有でき、試験のライフサイクル全体でコラボレーションを強化して効率を向上させることができます。TMF Botはすでに提供を開始しており、Vault eTMFに搭載されています。

 

Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで、1,100社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。パブリック・ベネフィット・コーポレーション企業としてVeevaは、顧客や従業員、提携企業、株主、サービス提供業界を含むすべてのステークホルダーの利益バランスを保つことにコミットします。詳しくは、https://veeva.com/jp/をご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions (including the on-going impact of COVID-19), particularly within the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended July 31, 2021.This is available on the company’s website at veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.