プレスリリース


グローバルCROの最大手7社中4社がVeeva Vault eTMFを社内標準として選択

2019年2月28日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva)は、グローバルCROの最大手7社中4社がVeeva Vault eTMFを標準として使用していることを発表しました。これら大手CRO各社は、Vault eTMFを使用して臨床試験の効率を高め、治験依頼者にTMFステータスの完全な可視性を提供し、いつでも査察に対応できるようにTMFを準備しています。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

Veeva Vault Clinical担当ヴァイスプレジデントのJim Reillyは次のように述べています。「CROは、臨床業務を最新化して臨床試験をより効率化するための方策を講じています。Veevaの目標は、CROと治験依頼者および治験実施医療機関との連携を容易にして、医薬品開発を加速することにあります。臨床試験を迅速に実施して治療薬を患者にいち早く届けるというCROのミッションを達成するためのお手伝いができることを、大変光栄に思っています。」

CROはVault eTMFを採用して業務パフォーマンスを向上させ、TMF品質における透明性を高めています。Vault eTMFは、TMFに関して作成・実施されたあらゆる文書とプロセスを、単一のシステム上でリアルタイムに管理します。この積極型‘active’ TMFオペレーションモデルにより、CROはTMFを常に最新状態に維持できるようになり、治験依頼者はTMF管理における標準業務手順書の運用が容易になります。

 

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業やその他の規制を受ける製造業者向けに、クラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで675社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended October 31, 2018. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.