プレスリリース


Veeva Japan、「Veeva OpenData」と 「Steward service」の提供を日本国内で開始

2016年5月12日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Japan 株式会社(日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役: 岡村 崇、以下、Veeva)は、ライフサイエンス業界向け顧客リファレンスデータへの新しい取り組み、「Veeva OpenData」を日本国内向けソリューションとしてローカライズを行い、本格提供を開始致しました。またこのソリューションの提供に併せて新たに「Steward Service」単体でのBPO提供も行います。

「Veeva OpenData」はデータビジネスの分野でライフサイエンス業界のニーズがますます高まる中、あらゆる医療従事者(HCP)や医療機関(HCO)のデータを、製薬企業やその他の団体へ提供する取り組みです。「Veeva OpenData」が展開するデータやサービスの中核を成すVeeva OpenData Customer Dataは医療従事者や医療組織、各種団体のデータです。顧客データは信頼できる業界の情報源をもとにたえず更新されており、昨今のマルチチャネル・エンゲージメントに欠かせないデジタルプロフィールデータを含め、最もタイムリーな最善の情報を整備しています。また、Veevaは最高水準の品質や完全性を確保するために、適切な管理担当者のもとで厳密かつ自動化された検証も行っています。

Veevaがこうした取り組みを開始する背景としては、製薬企業が抱える顧客データの課題が大きくあります。製薬企業各社は複数の社内システムにまたがってタイムリーかつ完全な顧客データを維持しようと日々努力されていますが、結果としてコンプライアンスや顧客情報の正確性を維持するために、非常に多くのリソースとコストを費やす状況にあります。こうした課題を解決するため、Veeva Japanは「Veeva OpenData」を日本国内向けにローカライズし、医療機関や医療従事者の基本プロファイルデータのみならず、Veeva CRMのマルチチャネルソリューション上で常時最新で正確なデータ参照を可能とするソリューション提供を開始致します。

Veevaが提供する顧客リファレンスデータの特徴
医療機関または医療従事者に関するデータ提供サービスは、一般的に利用者を含めた共同メンテナンスによって運営されることで、そのクオリティが担保されています。Veevaの提供する顧客リファレンスデータはこの共同メンテナンスに加え、自社リソースを活用したプロアクティブな情報収集にも注力し、これまでにない情報の最新性を担保致します。また医療従事者情報には看護師、技師、薬局薬剤師も対象範囲としており、製薬企業の幅広いニーズに対応致します。

日本独自に「Steward Service」の提供を開始
Veeva Japanは「Veeva OpenData」の日本提供の本格開始に併せて、「Steward Service」の販売を提供致します。VeevaのData Stewardリソースやシステムを利用し、データクレンジングやデータ調査等を業務委託として活用頂けます。例えば製薬企業内で常時発生する定期的なデータクレンジング、短期間での顧客情報収集といった一定の経験とスキルが必要なタスクに対しても、メンバーは製薬業界の知識と経験を備えているため、一定の品質を担保しながら最適なデータ提供を行うことが可能です。また業務開始にあたっては専門のビジネスコンサルタントが要件定義、業務デザインを行うことで無駄のないビジネス貢献を果たします。

【Veeva OpenDataソリューション概要】

  1. Customer Dataの提供
    医療機関(HCO)及び医療従事者(HCP)のマスターデータ。
  2. Steward Serviceの提供
    Data StewardによるDCR(Data change request)処理作業

【Veeva OpenData のリリース日程】

・ 2016年5月11日より提供開始

 

【Steward Service 概要】

  1. データクレンジングサービスの提供
    施設・医療従事者・実消化に関するデータの処理・調査・クレンジング処理作業
  2. その他
    ・ ヒアリングおよびサービスの提案はビジネスコンサルタントが担当
    ・ オフサイトでの作業
    ・ 年間契約(年間単価)、スポット契約(時間単価)2つのパターンの契約体系をご用意

【Steward Serviceのリリース日程】

・2016年5月11日より提供開始。

 

【プロモーション】
2016年7月12日(火)10:00-17:30に開催されるVeeva Commercial Summit 2016(場所:JPタワーホール、入場無料)に出展し、詳細なご案内および製品デモを予定しています。今後のご案内は5月23日にオープンする公式サイトをご確認ください。

 

【Veeva OpenDataについて】
Veeva OpenDataが展開するデータやサービスの中核を成すVeeva OpenData Customer Dataは医療従事者や医療組織、各種団体のデータです。顧客データは信頼できる業界の情報源をもとにたえず更新されており、昨今のマルチチャネル・エンゲージメントに欠かせないデジタルプロフィールデータを含め、最もタイムリーな最善の情報を整備しています。Veevaはクリーニングや拡張、検証をはじめとする多彩なデータマネジメントサービスも展開しています。 ライフサイエンス業界の皆様に顧客データのさらなる価値を実感していただくために、すでに多くの大手企業がVeeva OpenDataのパートナーに名を連ねています。 Axtria、BMI SYSTEM、Crossix Solutions、Decision Resources Group、LiquidHub、OpenQ、Symphony Health Solutions、Qlik、Zephyr Healthをはじめ、パートナーの数はますます増えてきています。Veeva OpenDataはこの3月より、アルメニア、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、カザフスタン、キルギスタン、ルクセンブルク、モルドバ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウクライナ、英国、米国、ウズベキスタンにおいて利用可能になりました。ライフサイエンス企業は2016年も引き続き、Veeva OpenDataの利用を新たな国々に広げていくことが可能です。
Veeva OpenDataのご利用範囲グローバルマップは、こちらをクリックしてご覧いただけます。

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソリューションを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで400社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended July 31, 2015. This is available on the company’s website at http://www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.