Veeva CRM Engage for Portals

画一的な対応から脱却し、顧客一人ひとりのニーズに応じた情報を提供しませんか。セールスからマーケティング、メディカルまで、あらゆる接点、あらゆるやり取りから得た顧客のインサイトや嗜好がデジタルコミュニケーションの強化に活かせます。

医療従事者は自分が欲しい情報にアクセスする場合と同じように、いつでも、あらゆるデバイスから、患者に役立つ情報をオンラインで入手したいと考えています。そこでおすすめなのがユーザー主導型の双方向オンラインエンゲージメント・ソリューション、Veeva CRM Engage for Portalsです。顧客が必要とする情報を顧客がどこにいても提供することができます。

Veeva CRM Engage for Portalsを導入することにより、最適な情報を提供しながら、顧客の行動や嗜好に関するリアルタイムのインサイトを自動的に収集することができます。

メリット
  • 一貫性: ブランドやチャネルを問わず、統一感のあるオンラインエクスペリエンスを実現します。
  • 可視性: 顧客のデジタル行動に関する理解を深め、リアルタイムのインサイトを得ることができます。
  • デジタル分野への投資対効果を向上: チャネル横断的にコンテンツの再利用を促進し、販促効果を向上します。

オンラインで対話を継続

デジタル環境をカスタマイズ

コンテンツの利用状況をモニタリング

特長

対話型のメディアビューアー
顧客とのやり取りに応じて、ウェブサイト上のコンテンツや画像、動画を表示。医療従事者はいつでも、どこにいても、好きなデバイスから豊富なマルチメディアコンテンツにアクセスできます。
充実した顧客プロファイル
マルチチャネルに対応したVeeva CRMの顧客プロファイルを活用すると、顧客のニーズや嗜好をもとに、豊富なコンテンツを提供することができます。他のシステムと組み合わせる必要がないため、使い勝手が良く、メンテナンスも容易です。
お問い合わせ
あらゆるチャネルのコンテンツを一元管理
標準装備のマルチチャネルリポジトリを利用すると、Veeva CRMの全チャネルで利用するコンテンツや他のデジタルチャネル(オプション)を一元管理し、販促資材を可視化して管理を簡素化することができます。
アクションにつながるインサイト
顧客に関するデータやインサイトをやり取りのたびに自動収集し、Veeva CRM へシームレスに記録することで、リアルタイムのクローズド・ループ・マーケティングを実現します。

デモ&ビデオ