プレスリリース


シミック・アッシュフィールドとVeeva Japanがリモートチャネル・ソリューションで協業を開始

2019年4月11日

シミック・アッシュフィールド株式会社

Veeva Japan株式会社

 

シミック・アッシュフィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松原 久雄/オリリー・マイケル・ベルナルド、 以下 シミック・アッシュフィールド)と、Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岡村 崇、 以下 Veeva Japan)は、リモートディテールを検討するVeeva CRMをご利用中の製薬企業に対し、Veeva CRMに統合されたVeeva CRM Engage Meetingの技術提供と、シミック・アッシュフィールドのリモートチャネル・ソリューションの提案を共同で行っていくことを目的として、協業を開始いたしました。

 

Veeva Japanは、製薬業界向けのクラウド型CRMソリューション、Veeva CRMを提供する米国Veeva Systemsの日本法人であり、Veeva CRMは全世界で600社を超えるライフサイエンス企業に採用されています。シミック・アッシュフィールドは、国内におけるCSOビジネスで地位を確立し、そのノウハウを活用したリモートディテーリングのアウトソース事業でも実績を重ね、厳格なコンプライアンス体制の下、柔軟で効率的なサービスを展開しています。

今回提供する同ソリューションにおいては、Veeva Commercial Cloud上でVeeva CRMと統合された Veeva CRM Engage Meetingによって、MRは面会時に使用している使い慣れたデバイスのUIや資材を使ってリモートディテールが実施できるため、CLM資材や活動報告の手順を新たに覚える必要がありません。

また、携帯網でも切れにくい堅牢な通信インフラを利用するため、医療従事者はクリアでわかりやすい情報提供を受けることが可能です。

一方、リモートディテールの実施においては通常の面会とは異なるコミュニケーションスキルが求められるなど、導入と運用に特有の課題が生じます。これらの課題に対しシミック・アッシュフィールドはCSOビジネスの専門性とリモートディテーリングサービスの実績・ノウハウを活用し、スキルトレーニングのみならず、領域・製品の特性に応じた企画設計から運用に至る多様なサービスを提供いたします。

共同ソリューションにより、効果的な情報伝達を通じ医療従事者と製薬企業のエンゲージメントを高める、リモートディテールチャネルの開設を迅速に行うことが可能となります。

 

【Veeva Commercial Cloudについて】
Veeva Commercial Cloudはライフサイエンス企業のカスタマーエンゲージメントを向上させる高信頼性の基盤です。 Veeva CRM Suite(顧客管理+営業支援)とCommercial content(コンテンツ管理)に支えられたVeeva Commercial Cloudは、あらゆるチャネルを通じてインテリジェントなコミュニケーション、そして調整・統合されたコンテンツとカスタマーエンゲージメントを結びつけます。

【シミック・アッシュフィールド株式会社について】
シミック・アッシュフィールド株式会社は、国内CROのリーディングカンパニーであるシミックグループと欧州最大のCSO企業であるAshfield社(本社:英国)を有するUDGヘルスケアグループの合弁会社として誕生しました。ヘルスケア企業と医療従事者・患者さん間の、医療や医薬に関する情報コミュニケーション支援のマルチチャネルソリューションを提供しています。詳しくは、https://www.cmic-ashfield.com/をご覧ください。

Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで700社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。
詳しくは、https://veeva.com/jp/をご覧ください。

 

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended January 31, 2019. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.