Veeva CRM Engage Meeting

リアルタイムのオンラインディテーリングで、医療従事者へのリーチを拡大

医局への訪問規制がますます厳しくなる中、ライフサイエンス企業は、顧客一人ひとりのニーズに対応できる対面営業の良さを残しながら、デジタルコミュニケーションを拡大したいと考えています。ユーザー主導のオンラインディテーリングは、オンラインアクセスならではの柔軟性と対面営業ならではの関係構築という双方のメリットを兼ね備えています。これまではテクノロジーが細分化されていたために、MRがCRMでリモートコールを管理したり、マルチチャネルコンテンツを共有したりするのも容易ではありませんでした。医療従事者側も、企業ごとにツールを使い分けるの煩雑さに、デジタルコミュニケーションへの不満を感じていました。

Veeva CRM Engage Meetingを導入すると、コンプライアンスを確保しながら医療従事者とのオンラインディテーリングを手軽に行うことができるようになります。このアプリケーションはMRのワークフローの一環としてCRMに組み込まれているため、承認済みのCLMコンテンツを容易に再利用できます。Engage MeetingはVeeva CRMの一部として提供されるため、オンラインディテーリングに対応した業界初の共通プラットフォームを実現します。ライフサイエンス分野での単一ソリューション活用により、医療従事者が容易にアクセスできるようになるため、カスタマーエクスペリエンスが向上し、デジタルコミュニケーションの新たな道が拓けます。

メリット
  • 顧客エンゲージメントの向上: コンプライアンスに準拠したオンラインコンテンツの共有や連携によって顧客が必要としている情報を提供します。
  • 生産性を向上し、リーチを拡大: リソースを有効活用することでカバー率や頻度を上げ、リーチを拡大します。
  • コンプライアンスを確保しながら、コンテンツを再利用: 承認済もしくは既存のCLMコンテンツだけが、使用を許可されているため、コンプライアンスに準拠した形でメッセージを確保する事が可能になります。
Veeva_EngageMtg_Tablet

特長

音声とビデオをサポート
音声機能やビデオ機能を標準装備した単一ソリューションにより、必要に応じてビデオのオン/オフを柔軟に切り替えることができます。
アクティビティ・トラッキングと共に既存のCLM設定を利用
MRは承認済みのVeeva CLMコンテンツを手軽に利用でき、そのあらゆる行動を自動的にトラッキングしてCRMに記録することができます。
リアルタイムのオンラインコミュニケーション
Veeva CRM Engage Meetingの導入により、本社のスタッフも現場のスタッフもVeeva CRMからダイレクトに顧客とリアルタイムのオンラインミーティングをスケジュールし、医療従事者が必要とする情報に誘導することができるようになります。また、MRはiPadやWindowsタブレットでCLMコンテンツを直接表示することができるため、代替策を用意したり、他のシステムと連携したりする必要はありません。そして医療従事者はどんなデバイスからでも参加可能です。
直感的に操作できるユーザーインターフェース
Veeva CRM Engageは使い勝手が良く、トレーニングがほとんど必要ないため、MRや医師への普及率を高めることができます。医療従事者はVeeva CRM Approved Emailのリンクをクリックするだけで Engage Meetingを利用することができます。
コンプライアンスを確保
Veeva CRM Engage Meetingはライフサイエンス業界の厳しいコンプライアンス要件に対応しています。Engage MeetingのセッションでMRが共有できるのは、コンプライアンスに準拠した最新の承認済みコンテンツのみのため、未承認の資料を誤って表示する心配がありません。
顧客の全体像を把握
Veeva CRMでは、あらゆるチャネルのコミュニケーション履歴から豊富な知見を自動的に収集し、リアルタイムで更新します。企業はコンテンツの効果を容易に評価し、医療従事者の反応をトラッキングすることができます。このマルチチャネルデータを分析に活かせば、マーケティング担当者や営業担当者が顧客のニーズにすばやく効果的に対応するうえで役立ちます。

デモ&ビデオ

Previous Next