プレスリリース


最先端のクラウドアプリケーションVeeva Vault Trainingがライフサイエンス企業における役割ごとの効果的なトレーニングを実現

2019年10月17日

Veeva Japan株式会社

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva) は、新しいクラウドアプリケーションVeeva Vault Trainingを発表しました。このアプリケーションは、ライフサイエンス企業における役割ごとのトレーニングを簡素化し、品質マネジメントチームが査察準備体制とコンプライアンスを維持できるよう支援します。Veevaは、Veeva Vault QMSVeeva Vault QualityDocsと共に、統合化された品質マネジメントアプリケーションスイートを単一のクラウドプラットフォーム上で提供します。この統合化されたスイートにより、トレーニングと品質マネジメントプロセス、文書管理とが一体となった、シームレスなエンドツーエンドの品質マネジメントが実現します。 (本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

Halozyme社のIT・R&D部門グローバルビジネスパートナー担当、Beth Clarke氏は次のようにコメントしています。「適切な人材にトレーニングが実施されるよう監督し、その確認を行うには時間がかかります。品質マネジメントとトレーニングの一体化により、手続きや文書が新たに変更されたとしても迅速に対応しやすくなるでしょう。」

手作業のトレーニングプロセスと断片化したシステムは、品質マネジメントチームの足かせとなり、トレーニングを管理・追跡して、文書の変更管理あるいは品質管理上のイベントと連携させることを難しくしています。Vault Trainingを使用することで、ライフサイエンス企業はコンテンツと情報の整理、割り当てや追跡を容易かつ効率的に行い、適切な人材にポリシーや手続きに関するトレーニングを実施できるようになります。また組織全体のトレーニングの状況を一元的に確認できるため、どのようなコンテンツが存在し、誰が資格を取得したのかを完全に把握して、業務の準備体制を整えることができます。

Vault Trainingは各種のアプリケーションを統合化したVeeva Vault Quality Suiteの一部として提供されるため、個々のユーザーはVault QualityDocsで管理されている重要なコンテンツにシームレスにアクセスして、トレーニングを効率よく完了することができます。さらに、Vault QMS内の品質管理上のイベントは、トレーニングタスクを自動的にトリガーとするため、新しいトレーニング要件のトレーサビリティと透明性を完全に確保できるようになります。そのため、企業はイベントが発生したりポリシーが変更された場合でも、役割ごとの資格を最新に保つことができます。また、トレーニングコンテンツが作成・承認されてから、受講者がトレーニングを完了するまでの管理も向上させることができます。

Vault Training担当シニアディレクターのKent Malmrosは次のように述べています。「Veevaは、ユーザーが必要なトレーニングを容易に受けられたり、管理者が適切な役割をもつ人材の品質関連文書とプロセスに関する資格を最新に維持できるよう、支援します。品質マネジメントチームはワークプレイスラーニングの管理と提供を効率化して、組織のコンプライアンスと査察準備体制を維持できるようになりました。」

Vault Trainingは企業がコンプライアンス関連のトレーニングを管理するためのバリデーション対応システムを提供し、数か月かかっていたバリデーションを数日にまで短縮します。Vault QMS、Vault QualityDocs、Vault Trainingは、Vault Quality Suiteの一部として提供されています。150社以上のお客様がVault Qualityアプリケーションを活用して品質マネジメントプロセスを管理し、可視性と管理性を向上させています。

 

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業やその他の規制を受ける製造業者向けに、クラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで775社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-K for the period ended July 31, 2019. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.