Veeva Align

強力なクラウドテクノロジーと現場のフィードバックを活かしたグローバルな統一ソリューションで、最適なテリトリー割当てをわずか数分で実現

最新のテリトリー・アライメントを実現するVeeva Alignにより、コマーシャルチームはテリトリー割当ての管理負担が軽減され、より直接的に業務プロセスを管理でき、また的確にリソースを割当てることにより顧客エンゲージメントを支援して、営業担当者のエクスペリエンスを強化できます。

AlignはVeeva CRMと完全に連携しているため、数週間かかっていたテリトリー割当てを数日で実行し、エンドツーエンドでのマルチチャネルサイクルプランの生成と実行、そして営業担当者からのフィードバックをCRMから直接共有できます。営業部門は、統合された柔軟なテリトリー割当てを実施することが可能になります。

メリット
  • スピーディー:テリトリー割当ての大幅な変更にかかる期間が数週間から数日に短縮。
  • インテグレーション:手動での情報の受け渡しをなくし、現場からのフィードバックをシームレスに。
  • フレキシブル:四半期ごとの割当てから「必要に応じた」スケジューリングへ
Veeva Align
カスタマーサクセス Veeva Alignを利用した企業が大きな成果を実感

figure

特長

Veeva Alignは統合されていないソリューションと比較した場合、エリアや営業担当者の人員、製品、顧客、テリトリーに応じたターゲット割当てを大幅に改善し、管理上の負担を軽減してコスト削減を実現します。

Veeva CRMとのシームレスなインテグレーション
Veeva CRMから最新の顧客データのインポートをスケジュールし、最新で正確な顧客データに基づくテリトリー割当てが可能となります。未来の割当て開始日を設定し、Veeva CRMに取り込むデータをAlignで管理することもできます。
強力なルール・エンジン
エリア、顧客プロファイル、関係データなどを用いた複雑な基準ルールに基づくテリトリー割当てをサポートします。割当てルールを拡大できるため、テリトリー割当てやターゲットプランの作成において、より強力かつ的確なアプローチが可能となります。
テリトリーのモデル化
テリトリー割当て、人員配置、ターゲティングの変更をモデリングして、結果を最適化することにより、リソースを的確に割当てることができます。モデルの比較やレポートプラットフォームの活用により、コマーシャルチームにとって最適なテリトリー割当てを実現します。
製品カタログはこちら お問い合わせ
マルチチャネルサイクルプランでのターゲティング
顧客ベースに対してセグメント別のチャネル活動の抽出条件を自由に設定し、独自の顧客セグメントやビジネスニーズに合わせた活動目標を優先付けることができます。Alignは単純な対面型のサイクルプランを推進するだけでなく、イベントへの参加やApproved Email、お客様独自のチャネル活動などにも対応し、マルチチャネル・エンゲージメントを次のレベルへと高めます。
現場からのフィードバックを統合管理
Veeva CRMから、現場からのフィードバックをスピーディーに直接取り込むことができるため、営業担当者の意見を汲み上げ、可視化しやすくなります。スプレッドシートがないため、フィードバックプロセスにおけるミスの発生を大幅に低減できます。