プレスリリース


Veeva、重要顧客管理に関するインサイトを迅速化する新しいソリューションを発表

~ Veeva Link for KAMは重要顧客やキーパーソンに関するデータと

リアルタイムのインサイトを提供し、より効率的な計画や顧客エンゲージメントを実現 ~

 

2020年6月23日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva) は、Veeva Summit Onlineにおいて、重要顧客管理のための正確な顧客データとリアルタイムのインサイトをコマーシャルチームやメディカルチームに提供する新しいソリューション、Veeva Link for KAMを発表しました。Veeva Link for KAMは、Veeva CRMと同様に、ソーシャルメディア、ニュースフィード、ビデオプラットフォーム、業界カンファレンス、臨床試験などの膨大な科学関連デジタルソースから重要顧客やキーパーソンに関するデータとAI駆動のインサイトを集約します。これにより、コマーシャルチームやメディカルチームは計画調整におけるアジリティの向上、顧客対応の迅速化、より深い関係構築を実現できます。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

MD Anderson Madrid Cancer Centerのオンコロジー部長であるEnrique Grande氏は、次のようにコメントしています。「ライフサイエンス企業にとって、研究や患者のケアを支える医療システムのニーズを深く理解することは極めて重要です。当院の優れたパートナー企業は新たな問題にも迅速に対応し、私たちスタッフや患者をサポートするリソースを素早く動員することができます。」

コマーシャルチームやメディカルチームは重要顧客やキーパーソンに関してAIによるインサイトの精選されたフィードが得られる

通常、コマーシャルチームやメディカルチームは、複雑に絡み合ったステークホルダーからの重要顧客情報や、さまざまなチャネルからのデータをつなぎ合わせて全容を把握します。Veeva Link for KAMは、AIを利用して顧客のアクティビティや関係性に関するインサイトを統合することで、チームが適切な人物や意思決定者に素早くアプローチできるようにします。

顧客データは、AIとVeevaのデータスチュワードの組み合わせにより、常に最新状態が保たれます。先進的なAIが何百万ものアクティビティをリアルタイムに分析し、パターンを特定して、重要顧客担当チームがより良い顧客エンゲージメントを維持できるよう、プロアクティブにスマートアラートを提供します。重要顧客やキーパーソンに関するインサイトを精選されたフィードを基に、コマーシャル部門は顧客ニーズの変化に迅速に対応し、適切な情報を適切な顧客に適切なタイミングで提供することができます。

Veeva Link for KAMはスタンドアロン製品として、またはVeeva CRMと共に使用することができます。Veeva CRMのアクティビティデータとのシームレスな統合により、顧客担当チームはキーパーソンと繋がりを有する社内の人物を完全に把握できるようになります。それにより、コマーシャルチームやメディカルチームは適切にフォローアップし、よりパーソナライズされたカスタマージャーニーを推進することができます。

Veeva Link担当ゼネラルマネジャーのKilian Weissは、次のように述べています。「コマーシャルにおけるアジリティは、顧客価値をより高め、ひいては患者のアウトカムを改善する鍵となります。Veeva Link for KAMは、重要顧客担当チームに意思決定の迅速化や顧客エンゲージメントの調整に必要なデータ、インテリジェンス、戦略的インサイトを提供します。」

Veeva Link for KAMは、顧客データ、インサイト、およびインテリジェンスを統合する一連の包括的なソリューションであるVeeva Linkの一部です。また、Veeva Link Suiteは、Veeva Link for KAMのほかにも、オンコロジー分野の科学リーダーに関するインサイトやインテリジェンスを集約するエンタープライズデータソリューションVeeva Link for Oncologyや、専門治療領域における科学的専門家に戦略的インサイトを提供する先進的なデータソリューションVeeva Link for Youなどで構成されています。

Veeva Link for KAMは2020年中の提供開始を予定しています。

 

Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで、875社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。
詳しくは、https://veeva.com/jp/をご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions (including the on-going impact of COVID-19), particularly within the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended April 30, 2020. This is available on the company’s website at veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.