プレスリリース


OPKO Health社がマルチチャネルVeeva CRMに移行、より効果的な顧客エンゲージメントを推進。

2019年10月28日

Veeva Japan株式会社

 

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社 : カリフォルニア州プレザントン、日本法人 本社 : 東京都渋谷区、日本法人代表取締役 : 岡村 崇、以下 Veeva) は、診断技術および医薬品の開発企業であるOPKO Health社【NASDAQ:OPK】が、マルチチャネルVeeva CRMを導入したことを発表しました。これにより、同社の営業チームは医療従事者の希望に応じたチャネルで、適切でタイムリーかつコンプライアンスを確保したエンゲージメントを実現できます。Veeva CRMは、OPKO Health社に最先端の機能と包括的な顧客インサイトを提供します。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。原文はこちらからお読みいただけます。)

 

OPKO Health社のシニアマーケティングディレクターであるAdria Parks-Herrera氏は、次のようにコメントしています。「Veeva CRMは、社内の営業チームが医療従事者のことをリアルタイムにより深く理解するサポートをしてくれます。それによって、最適なチャネルでより効果的かつ効率的に医療従事者とのエンゲージメントを構築できるようになります。これまでのプロバイダーからマルチチャネルVeeva CRMに移行したことで、最高のカスタマーエクスペリエンスを実現し、医療従事者とのエンゲージメントを強化できるようになるでしょう。」

OPKO Health社は、Veeva CRMのほかにも、Veeva CLMVeeva CRM Approved Email(営業の訪問計画をカスタマイズしてメールのコンプライアンスを確保)、Veeva Align(迅速かつ正確なテリトリー・アライメントと簡素化されたマルチチャネルのサイクルプランを実現)、Veeva CRM Events Management(コンプライアンスを強化しながら完全に統合されたライブイベントを実施)を導入しました。

Veevaのコマーシャルストラテジー担当ヴァイスプレジデントであるAndy Fuchsは、次のようにコメントしています。「大手から新興のバイオ医薬品企業まで、ライフサイエンス企業はマルチチャネルVeeva CRMを利用して顧客エンゲージメントを変革しています。Veeva CRMの先進的な機能によって、業務の効率と効果が向上し、OPKO Health社のコマーシャル戦略が前進します。」

マルチチャネルVeeva CRMは、コマーシャルチームにベストプラクティスと包括的な顧客インサイトを提供し、コンプライアンスを確保したうえで顧客エンゲージメントを変革します。デジタルチャネルと個別チャネルをシームレスに統合することで、ライフサイエンス企業はリーチを拡大し、顧客が望むチャネルを通じて顧客エンゲージメントを構築できます。また、営業担当者はVeeva CRM使用して、デバイスや場所を問わず、リアルタイムにより多くの業務をこなせるようになっています。詳細については、こちらのインフォグラフィックでご紹介しています。

 

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業やその他の規制を受ける製造業者向けに、クラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで775社を超える顧客に技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功にコミットする様々なサービスを提供しています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including the market demand for and acceptance of Veeva’s products and services, the results from use of Veeva’s products and services, and general business conditions, particularly in the life sciences industry. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates, and expectations, and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions, “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-K for the period ended July 31, 2019. This is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.