Takashi Okamura

General Manager, Japan

日本のゼネラルマネージャーである、岡村崇は、セールス、マーケティング、プロフェッショナルサービス、顧客サポートなど日本におけるVeevaの経営すべての責任を負います。 日本およびグローバルIT業界での幅広い勤務経験は18年を超え、その半分以上が多彩な業界にまたがるCRM分野となっています。

最近では、SAPジャパンで中小企業を対象とする副社長を務め、ここで自分のチームを率いて毎年倍々の成長を記録しました。 2007年以来、SAPジャパンのCRM事業の主任でもありました。

SAPジャパン入社以前、Takは、MicroStrategy Japanのカントリーマネージャー、CRMプロジェクトで大手医薬品企業を補佐したSiebel Japanでの販売部長など、 さまざまなマネジメント業務を担当しました。

また、90年代初めにデータウェアハウス/CRMのエキスパートとして、NCRジャパン(現テラデータ)でキャリアをスタートしました。 この間に、英国ロンドンのNCR Financial Group本社でもっとも若い国際的受託者として2年間を過ごしました。

Daisuke Harada

Vice President, Commercial Strategy, Japan

日本におけるCommercial Strategyの責任者である原田は、2002年9月から2014年7月まで日本イーライリリーにおいて、ビジネスアナリストやプロジェクトマネージャ、シックスシグマ・ブラックベルトとして、管理本部、開発・薬事・メディカル、営業・マーケティング等の様々な部門の業務改善やシステム導入、特別プロジェクトを主導。直近では、コマーシャルデータオペレーションのディレクターとして、製薬会社の営業・マーケティング領域のマスタデータ、データウェアハウス、BI・レポーティング等の領域のオペレーション、業務改善、システム導入の責任を担う。

日本イーライリリー入社以前は、アンダーセンコンサルティング / アクセンチュアにて、様々なインダストリーのプロセスコンサルタントとして、業務改善やシステム導入のプロジェクトを担当。

Yosuke Uchida

Director, Commercial Japan

内田は製薬業界のコマーシャルエリアにおいて10年以上のシステム開発、導入経験を積んできました。市場データ分析、ターゲティング、SFA、CRM、実消化レポート等、コマーシャルエリアの幅広い知識を元に、これまで数多くのお客様をサポートしてきました。前職では製薬業界向けの独自製品をマーケットへ展開しました。製品企画、設計、販促活動までを担当し、数社の導入に成功しています。

2012年にVeevaへサービスコンサルタントとして入社。2013年秋に製品担当としてキャリアチェンジし、2015年9月より日本におけるVeeva CRMの製品責任者としてProduct management部を統括してきました。2019年8月よりコマーシャル営業、プリセールス、CSM、ストラテジー、実消化・オープンデータの統括責任者としてCommercial Businessのリーダーを担っています。

Takaaki Osawa

Vice President, R&D Sales, Japan

製薬業界向けのITベンダー(CTCラボラトリーシステムズ、アクセルリス及びオラクル)にて、創薬から臨床開発、安全性情報分野等のR&D分野の20年間の営業経験を持っている。
Documentum、Oracle Clinical、Aris G&J及びArgus J等のGlobal data management systemの日本市場ビジネス立上げに関わる。
2013年よりVeeva Japanにて日本市場におけるR&D salesを担当。

Kohei Ohmura

Vice President, Professional Services, Japan

日本のプロフェッショナルサービス責任者である大村耕平は、ソフトウェアIT業界で24年の勤務経験があり、顧客の業務改善や製品の有効活用促進するプロジェクトでプロジェクトオーナー、プロジェクトマネージャーとして多くの成功経験を持っています。

最近では、セールスフォース・ドットコムでMarketing Cloud製品のプロフェッショナルサービス執行役員として導入プロジェクトの責任を担っていました。

セールスフォース・ドットコム入社以前は、日本オラクルにてミドルウェアコンサルティング、SaaSコンサルティング本部長としてサービスの提案から導入までの責任を持ち、お客様の成功と共にチームを成長させて来ました。

Noriko Iki

SR.Director, Marketing, Japan

マーケティングの責任者として、壹岐がR&D、Commercial、Corporate の領域全般におけるマーケティング活動を統括しています。

B2B専門の広告代理店でAccount Executiveとしてキャリアをスタートし、その後は半導体企業、Autodesk、BusinssObjects、Sybase など主にIT企業でのマーケティングを経験。
ことに日本市場に参入した企業に立ち上げのステージで参加することが多く、Veeva Japan も同様に、初期の段階でチームに参加しました。 2013年に入社以来、Commercial/R&D SummitやVeeva Club(ユーザ会)などの立ち上げをリードしています。

Jennifer Fu

Associate General Counsel, Asia

Jenniferは、アソシエトゼネラル・カウンシル・アジアとして、商事契約、統治(ガバナンス)関連事項、法令遵守(コンプライアンス)関連事項を含むVeeva Asia(日本含む)の法務機能を管理・監督を行う。
Jenniferは、法律分野で14年以上に渡る経験を持つ。

Jenniferは、Veeva入社前に、国際弁護士事務所Baker & McKenzieで企業法務関連の案件を担当。また、フランスの大手ソフトウェア企業Dassault Systemsにて企業法務を担当。メルボルン大学ロースクールで法務学士(L.L.B.)と理学士(B.S.)を取得。

Hideaki Numa

Advisor, Japan

2015年2月より顧問としてVeeva Japanの経営を支援する。
外資系製薬会社のビジネス部門で17年、Global IT ManagementおよびCIOとして20年の勤務経験を持つ。
Veevaの種々の活動に参画し、顧客の視点からVeevaの経営陣および社員に対して顧客ビジネスの成功に必要な助言を行う。

Zhe Lin

VICE PRESIDENT, OPENDATA, JAPAN

LinはVeeva Japanに入社する前に、株式会社日本医療データセンター(JMDC)で10年以上にわたってデータ関連の経験を積んできました。同社ではチームリーダーとして、公的健康保険請求データベースや医療機関マスターファイルを構築しました。

JMDCでの在職中は、1カ月に250万件ものトランザクションを処理するデータウェアハウスやBIアプリケーションの構築に貢献し、日本における医療データベースのパイオニアとして知られています。

Linは中国出身で、1998年から日本に在住しています。